津波予報「地震以外では難しい」 元気象庁長官(2022年1月16日)
スポンサーリンク

 日本各地で観測された津波について、火山の専門家は「地震ではなく、噴火という通常の津波とは違うメカニズムで起きたとすると予報は難しい」と指摘しました。

 元気象庁長官・西出則武氏:「大きな噴火による津波というのもレアケースであるし、なおかつ遠く離れた日本でそれと同等くらいの高さの津波が来るというのは多分、過去にあったのかなって、そこも不思議です」

 気象庁によりますと、今回の海面の変動は南太平洋のトンガで起きた大規模な噴火の影響とみられています。

 しかし、気象庁はこの噴火の影響について、いったんは「被害の心配はない」と発表していました。

 元気象庁長官・西出則武氏:「気象庁の津波警報というのは、大きな地震が起こって、その地震による海底の変動で津波が起こると、そういう仕組みで起こる津波の予報をしています。それ以外の津波の予報はなかなか難しい。父島は9時間半くらい後に来るだろうと思っていたら、それより2時間半くらい早かった。想定していたよりも2割くらい早い。ひょっとしたら時速700キロくらいかと思っていたのが900キロとか1000キロくらいの速さで来ているのかもしれない。そうすると、その速度に見合うような深い所を通ってきたのか。ますます通常の地震による津波とは違うというところで、ますます謎が多くなっている」
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

スポンサーリンク
おすすめの記事