台湾東部で震度6弱 橋や道路の崩落も
スポンサーリンク

台湾東部で23日未明、最大震度6弱を観測する地震があった。

これまで少なくとも1人がけがをしたほか、橋や道路が崩れ落ちる被害が出ている。

台湾気象局などによると、日本時間の23日午前3時ごろ、台湾の東部やその周辺の海域を震源とする地震が発生した。

地震の規模を示すマグニチュードは6.6で、その後、朝にかけて複数回の地震が観測された。

津波の心配はない。

震度5強を観測した花蓮県では、割れたガラスで1人がけがをしたほか、建設中の橋や道路が崩れ落ちた。

また、落石や土砂崩れなども発生し、コンビニの棚にある商品が落ちて散乱する被害も出た。

気象局は、今後3日以内に、マグニチュード5.5以上の地震が起きる可能性があるとして警戒を呼びかけている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

スポンサーリンク
おすすめの記事