新型コロナウイルスの"震源地"中国・武漢の今
スポンサーリンク

0

ロックダウンから半年を経過した2020年7月下旬、FNN取材班は湖北省武漢市を取材した。
最初に感染が拡大したといわれる海鮮市場や、突貫工事で建てられた病院は今どうなっているのか。
人々の生活に日常が戻りつつある一方、現地は長江の増水による水害にも見舞われていた。

FNNプライムオンライン

アプリで最新ニュースに簡単アクセス

チャンネル登録をお願いします!

スポンサーリンク
おすすめの記事